ぷあくんの日々

人と犬が幸せに暮らすために役立つ情報を発信します。

愛犬の療養記録

ぷあブログ一周年記念・総集編 (その2)

この一年を振り返り、ぷあ家に最も大きな影響を与えた出来事は…「菜々の旅立ち」を置いて他にあるまい。昨年、ブログを始めた当初から菜々のカラダは確実に衰えていたが…それでも「来年の誕生日も…迎えたい」という儚い希望を持っていたことを思い出す。 結…

六実さん&弥栄たん…快気祝いにお肉フードをどーぞ💕

ここ最近は…ぷあくん&六実さん&弥栄たんのドタバタ騒ぎで、矢のように時間が過ぎてしまった 特に六実さんは、入院&食事制限の苦行も重なりパグにあるまじき日々だったが、ようやくほぼ全快の陽の目を見るに至る。 そして、弥栄たんも…目の病気(ものもらい)…

六実さんの体調不良の原因を考える…

この度の六実さんの体調不良は、何かを誤飲したことが原因と推定されているが、そのモノが一体何なのかは…いまだ解明されておらぬ。しかし、レントゲンに写し出された異物の映像から…可能性の一つとして挙げられているモノがあることをここに記す次第である…

やえたん、初めての病気…「ものもらい」で物笑い?

パグと共に生きる者の心得… パグはカラダが丈夫とは言えぬゆえ、時に…頻繁な通院を余儀なくされることは必定。 そして、ゴハンにオヤツ、グッズにお出掛け等…パグと一緒にいると、まるで催眠術にかけられたかのように財布のヒモが緩み…いわゆる「なんか知ら…

六実さん…変形性脊椎症を患う

犬を飼う以上、避けては通れぬのが…病気である。 治る病気ならば…人と犬が力を合わせて壁を乗り越えることにより、その後に明るい展望も開けよう。しかし、老化を原因とする不治の病や障害が見つかったならば…もうそれは乗り越える壁ではなく、いわば歓迎さ…

六実さんの様子見は続く…

前回の検査から一週間。 六実さんは再び動物病院を訪れ、診察を受けた次第である。今回、再度血液検査を行って、その結果を踏まえて今後の対応を決めよう…とのことだった。ハンドタオル パグ価格:1210円(税込、送料無料) (2021/5/8時点)午前11時に病院に到…

六実さん…経過良好

日帰り入院から戻り、その日の晩ゴハンは抜いて就寝した六実さん。とにかく…胃腸が疲弊している 当面は獣医師の指示に従い、消化の良い療養食に甘んじていただき、様子を見るのみである。\16周年★SALE/開催中!\お試し【送料無料★1111円】/【犬 服 犬の…

六実さん…療養ゴールデンウィーク

前日、獣医師から…重い病気の可能性を示唆された六実さん。 翌朝の状態次第では、開腹手術による内臓検査の必要性もある…と、説明にあった。開腹は、避けたい… 小心者のぷあくんにあって、これほどの不安は背負いかね…深夜2時頃にふと目を覚ますと、そこから…

六実さん、再び病院へ…

病床の六実さん… 前回の日帰り入院当日夜からその翌日までは、ゴハンも食べるようになり、ほぼ回復したかに見えた…しかし、5月1日になって様子は急変する。再びゴハンを食べなくなったのだ。 そして、口にするはずのないモノを含む固形物の嘔吐を繰り返した……

六実さん異変…急遽病院へ

愛犬の異変は…いつ起きるか分かるものではない。 今回…ぷあ家におけるそれは、4月27日(火)18時半頃、いつも通り六実と弥栄に晩ごはんをあげた時に発生した。\16周年★SALE/開催中!\お試し【送料無料★1111円★ぽっきり】/【犬 服 秋冬 犬の服 ドッグウェア…

動物病院から口内健診のお知らせが届く

六実さんは、朝夕食後の歯磨きと寝る前の防臭お口ケアをルーティンとしている。 …というのも、ぷあくんの不勉強から、六実さんが3歳になるまでは口内の健康管理を完全に怠っていて、僅かではあるが口臭と歯石を発生させてしまった苦い教訓があるからだ。今で…

犬も花粉症になる?

ぷあくんは…重度の花粉症である。 毎年、この時期だけ北海道への移住を願いながら、涙と鼻水を垂れ流す日々となるそれを受けて…というわけでもないが、ここ最近は六実さんにも何やら妙な花粉症のような症状が出ているゆえ、ここに綴ってしまうのであった。パ…

愛犬の医療費事情 -ペット保険を考える-

パグは…お金がかかる。全てのパグラーが一様にうなだれ頷く…この事実は、永遠の課題として君臨し続けるであろう。 「エンゲル係数」ならぬ「パグ係数」は、ぷあ家においても常に高値を示しており、家計円グラフにおいても相当な割合を占領している次第である…

六実さん、新しいシャンプーに挑戦する

いわずと知れた(?)カイカイ犬…六実さん。 長年にわたり、ありとあらゆる手段を用いてきた甲斐あって、最近はかなりカイカイ頻度は減少していることを報告する次第である。カイカイは、主に体質(アレルギー)に因を発するが、外的要因である生活環境に依ると…

六実さんのカイカイは、シャンプーが原因だった?

六実さんは、皮膚病の常連である。 これは…飼い主の管理責任が大なのは言うまでもないが、六実さんには天性のアレルギーも内在するゆえ、生涯を通じて皮膚のカイカイと向き合わねばならぬのだ。先日も、膿皮症を発症しため内服薬と薬用シャンプーによる治療…

六実さん、再検査を受ける

ドッグドックの結果説明を受けてから一週間。 サプリメントを飲みつつカラダのリフレッシュを図った六実さんは、今回肝臓限定の再検査を受けたのであった。ドッグドックの結果説明を受けた日↓↓↓ www.poorkun.comぷあくんは再び平日午後に休みを取って、六実…

六実さんの検査結果の詳細を聞いてきた

11月3日に六実さんが受けたドッグドックの結果は、やや気になるものだったwww.poorkun.comよって、検査結果の詳細な説明を聞くと共に、再検査の予約をしてきた次第である。休日の動物病院はメチャメチャ混むので、平日の午後に休みを取って病院へ向かうぷあ…

【再検査⁉️】ドッグドックの検査結果が届く

先日六実さんが受けたドッグドックの検査結果が、ようやく送られてきたのである。 じゃん✨ドッグドック受診についてはコチラ↓↓↓ www.poorkun.com 検査当日の簡易診断では「オシッコの成分が少し薄い…」との所見が指摘されていたため、恐る恐る開封して結果を…

六実さん、試練のドッグドック

令和2年11月3日(火・祝) とうとう、この日が来てしまった六実さんが、ドッグドックのため動物病院に半日間収容される日である。 血液検査をメインに、レントゲン検査・エコー検査・尿検査と、かなりフルコースで行われる一大イベントといえよう。 検査当日は…

六実さん、皮膚病回復する

膿皮症に罹患したため、この1週間服薬治療を続けてきた六実さんは、投薬とシャンプーケアの甲斐あって、今は全身くまなく確認してもブツブツの症状は収まっている。 先週の土曜日に検査のため受診したところ、獣医師から次のように説明を受けた。「細菌性の…

六実さん、ドッグドックを予約する

六実さんは、今年5歳となった。人間でいえば40歳を過ぎたあたりで、健康曲線は下り坂に向かい、そろそろ加齢による不具合も出始める年代であろう。しかも、六実は平均的なパグよりも健康面に不安を抱える。治らない病気なら無理な治療はしないが、早期発見で…

六実さん、皮膚病再発する

六実のカラダは、不具合のデパートである。生まれながらに貧弱なうえ、アレルギーの巣窟であり、寄生虫も持っていた。 また、愛犬家にとって永遠の悩みのタネ…皮膚病にも常に注意せねばならぬ身の上である。 六実さんは、度重なるアレルギー検査の末に「なん…

六実さんの寄生虫駆除記「ジアルジア物語」

­-ジアルジア物語­- 六実さんは、気は強いがカラダは弱い。 いま思えば…我が家に、その貧弱なカラダを引っ提げてやって来た日から、その兆候はあったのだ。 六実さんが我が家に来た日について詳しくはこちら↓↓↓ www.poorkun.com うちに来てから半月ほど経…

菜々のいない世界…

令和2年8月31日 午後9時10分。 愛犬・菜々は虹の橋へ旅立った… 残業で毎日夜9時前に帰ってくるダメな父親・ぷあくんの到着を待って、息も絶え絶えの身体を撫でさせてくれて、別れの言葉を聞いてくれて…間もなく息を引き取った。享年16歳2ヶ月。 していると思…

菜々と六実の思い出のオルゴール

この週末も、菜々は静かに眠り続けていた。もう、水分をほとんど摂らないので、オシッコも全くと言っていいほど出ないのだが、日曜日の夕方にゲージの中で菜々が必死に起き上がろうとしているのを見て、ぷあくんが慌ててトイレ介助したら、大量のオシッコを…

菜々…少しずつ静かになっていく

深夜…何度も目が覚めて、菜々を見る。 もう流動食も水も受け付けず…呼吸だけしている。弱々しく横腹が膨らんでは、萎み…それだけが菜々の命の証として続いている。 少しずつ静かになっていく… 命の灯火は、わずかな空気の流れにも抗えないほどに心細く揺らめ…

菜々さんの流動食生活、始まる

ゴンチは毎晩菜々に添い寝をして看病している。何が出来るというわけでもないが、気持ちは痛いほど分かるので、思い通りにさせるのが最善であろう 今朝の菜々さんは相変わらず、静かに横たわっていた。でも、生きている…✨ 菜々はもう固形物が食べられないの…

菜々さん、最後の通院…そして…

シニア犬の容態は、急激に変化する。 数日前には食欲も回復していた菜々さんだが、突然ゴハンを食べなくなり、水も飲まなくなった… コトの起こりは8月26日の朝。 ぷあくんが通勤電車に乗った直後に、ゴンチから今すぐ引き返して欲しいとのラインが届いた⚡ 菜…

菜々さん、体調を持ち直す

シニア犬・菜々さんは、この春先から急激に衰弱して、点滴&レーザー治療のため連日通院していたが、この1,2週間はかなり安定した状態にある。この週末も病院には行ったが、短時間のレーザー治療を受けて薬をもらったのみで、特段の指摘事項もなかった。 一時…

愛犬の余命を考えるとき…

愛犬・菜々の身体は、やはり不治の病に蝕まれていた。 下顎の腫れは、炎症ではなくハッキリと腫瘍だった。正直、それはわかっていた。 絶望したくないがために、歯肉炎の悪化したものでは…などと現実逃避していたのだ。 今、菜々は腎臓の数値が悪いのと、顎…