ぷあくんの日々

人と犬が幸せに暮らすために役立つ情報を発信します。

六実さん、皮膚病再発する

六実のカラダは、不具合のデパートである。生まれながらに貧弱なうえ、アレルギーの巣窟であり、寄生虫も持っていた。 また、愛犬家にとって永遠の悩みのタネ…皮膚病にも常に注意せねばならぬ身の上である。 六実さんは、度重なるアレルギー検査の末に「なん…

パグ仲間からの贈り物 -東海パグオフ会2020を前に-

令和2年10月25日(日) 今年3月に開催予定だった「東海パグオフ会」が、新型コロナの影響により延期を余儀なくされ、この日に開催となった。 不肖ぷあくん...その一部始終を渾身の記事に仕立て上げるべく現在鋭意執筆中であるゆえ、今しばらくお待ち願いたい …

愛犬の名前を冠した競馬レースを企画してみた -エピローグ-

平成30年8月9日 園田競馬場において「クーパー君18歳誕生日記念」が開催され、大成功のうちに幕を下ろした。 そして…時は流れた。クーパー君は、記念レースと同じ年の冬に…旅立った。18歳を超えて…自分ひとりでは身動きも出来なくなって、目も耳も弱くなって…

愛犬の名前を冠した競馬レースを企画してみた -本編-

平成30年8月9日 園田競馬個人協賛レース「クーパー君18歳誕生日記念」 本日の主賓一行は、「主将・ニャンコス父」を先頭にドヤ顔で園田競馬場に入場し、肩で風を切り大名行列の如く闊歩し、係員に案内されて高級プライベート・ルームに入室する。事前にアナ…

愛犬の名前を冠した競馬レースを企画してみた -プロローグ-

ぷあくんは、競馬をたしなむ。コロナ禍が世を席巻する以前、月に一度は高速バスに飛び乗って、向かうは東…中山競馬場か東京競馬場を訪れたものである。なんと、一口馬主でもある そのぷあくんが、2年前にニャンコス家最愛のパグ・クーパー君の18歳誕生日を祝…

旅行から一夜明けて

天使の住む館から帰宅した夜…興奮冷めやらぬまま床についたのだが、翌朝はいつも通り午前5時には目が覚めた。 貴重な日曜日の朝である。 布団の中でウダウダと時間を潰し、やがて訪れる六実さんのゴハン催促を待つ。午前6時…ついにシビレを切らした六実さん…

京都~奈良・別れと出会いの旅行記 -天使達とのふれあい-

令和2年10月17日(土) 古民家は、朝から雨に包まれていた。前夜…不覚にも(いつも通り)飲み過ぎてしまい、朝の「六実・ルーティン」は全てゴンチにしてもらうという失態を演じてしまった。まことに遺憾である… ともあれ…午前9時過ぎに「古民家・鹿音」を出立…

京都~奈良・別れと出会いの旅行記 -お宿・鹿音にて-

さて、ここからはお楽しみタイムである✨古都・京都の街を後にした一行の向かう先は、同じく古都・奈良なので、すなわち古都から古都へのトコトコ巡りとなる。 最大の行事を無事終えた今となっては、とにかく無事に目的地に到着して一息つきたいところだ。 ば…

京都~奈良・別れと出会いの旅行記 -菜々の納骨-

令和2年10月16日 この日は、菜々の納骨の日であった。 京都には、ゴンチ家先祖代々のお墓があって、そこに菜々のお骨も納めることになるのだ。旅程は京都~奈良を一泊二日で巡るというもの。 今回、菜々の納骨という行事を経るのだが、その重い空気すら振り…

六実さんと行く富士宮の名所 -浅間大社­­­-

ぷあくんは、富士宮親善大使を無断で標榜している。 身軽で身勝手に好き放題綴るのならば、こんなちっぽけなブログに綴る以上、コアでレアな隠れ名所を取り上げるべきところであろう。しかし、富士宮に住む以上、とりあえずエースで四番バッター「浅間大社」…

愛犬と泊まれる宿 -箱根強羅グァムドッグ-

箱根には、まだまだワンコに優しい宿がたくさんある。今回は、中でも屈指のワンコ設備を誇る「愛犬と一緒に泊まれる宿」を紹介したい。 -箱根強羅グァムドッグ- ここにある www.guamdog.com そびえ立つ立派な建物✨ 建物の裏手に回れば、目と鼻の先に温泉の…

六実さんの寄生虫駆除記「ジアルジア物語」

­-ジアルジア物語­- 六実さんは、気は強いがカラダは弱い。 いま思えば…我が家に、その貧弱なカラダを引っ提げてやって来た日から、その兆候はあったのだ。 六実さんが我が家に来た日について詳しくはこちら↓↓↓ www.poorkun.com うちに来てから半月ほど経…

菜々の納骨の準備をしながら…

令和2年10月16日…菜々は京都のお寺に納骨される。少し前から、ゴンチは菜々のお骨を入れるため、白い綿の袋を手縫いで仕立てていた。 一針一針を丁寧に通して 白装束のようなお骨袋が完成した最終的な納骨は、この袋に入れて行うようだ。 先週の日曜日、庭で…

愛犬の区切りの年齢を考える

今年、六実さんは5歳になった。 アタチ5歳になりまちたが、何か?それにしても、七五三…とはよくしたものだ。 ぷあくんが思うに、この年齢の区切りは人間よりも犬によく当てはまる気がする。3歳になれば、幼少期が終了する。 5歳になれば、心身共に成熟する…

六実さんと「富士山わんわんマルシェ」に行ってきた

10月11日(日) 前日とはうって変わって快晴の1日となった。 うーむ、ビューティフル✨せっかくの秋晴れを逃す手はあるまいと、六実さんと共に「朝霧フードパーク」にて開催された「富士山ワンワンマルシェ」に行ってきたので、その一部始終を綴ってしまうので…

雨の夜はステイホームでラブラブ

台風がくると、いっぺんに行動が制限される。 幸い台風の直撃は避けられたが、土曜日は1日中雨に祟られて、かろうじてイオンでの外ウォークは確保したものの、運動は相当程度制限されてしまったといえよう。 しかも、イオンへは午前中だけの外出だったので…

雨の日に六実さんとイオンデート♡

台風の影響により降り続く雨に、落胆するぷあくん。雨が降ると、ぷあくん最高の楽しみ「六実さんとの散歩」が出来ぬのである。 こりゃ、終日止むまい... よって、雨を凌げるスペースがあり、室内にも侵入可能な「富士宮イオン」へ行くこととした次第である。…

六実さんの性癖あれこれ

今更ながら、六実さんのよくする行動について考えた 普段であれば「また、やっとるわ…」で済むので気にもとめないが、よくよく考えると楽しくなってしまったので、ここに綴ってしまうのであった。 -六実さんのよくする行動あれこれ- ①芝生にカラダをこすり…

「愛犬のため」とは「飼い主のため」

六実さんはアレルギー持ちである。よって、食べ物には十分気をつけているが、それでもカイカイが頻発することがあって、何度も動物病院で検査を受けているが、決定的な原因究明には至らないでいる。 なんとかしてよ…パグは犬の中でも皮膚病に罹りやすいとい…

六実さん「ぷあ農園」を電撃訪問

ぷあくんの趣味は幅広い。中でも「市民農園」は、その中核をなすものであり、毎年多くの野菜を収穫しては、知り合いに(時には無断で)送りつけている。 すなわち、ぷあくんは週末のひとときを市民農園で過ごして爽やかな汗を流すという「週一ファーマー」なの…

ドッグラン探訪 -ドッグラン&カフェ・キャンフェス-

ぷあ家には、いくつかの馴染みのドッグランがある。最寄りの場所では、「MOMO(モモ)」という狭いけれど芝生がキレイなドッグランがあるが、より広いランで思いっきり走らせたいときには、規模の大きいドッグランまで足を伸ばす。ぷあ家から車で30分くらいの…

六実さんと行く富士宮の名所 -熊久保朝日滝­­­-

ぷあくんの住む静岡県富士宮市には、世に知れた名所旧跡が数多くあるが、さほど有名でなくとも一見の価値がある隠れスポットもかなり存在する。 この日は、自然好きのぷあくんの申し出により、富士宮の隠れスポットとして知る人ぞ知る名瀑「熊久保朝日滝」を…

ドッグランでのひとコマに思う

夏のドッグランは、よほど早朝でない限り利用するのは二の足を踏むところだが、秋の訪れと共に日中のドッグランも賑わうようになってきた。 先週の日曜日も、六実さんを連れて「ドッグランMOMO」へ行き、小一時間ほど遊ばせてきた次第である。 ボーダーコリ…

新しい家族を迎える (注・ランチュウ)

このたび、ぷあ家に新しい家族を迎えたことを報告せねばならぬ事態となった。その家族とは、パグ…によく似た金魚のランチュウであるその容貌がパグに似ているからといって、パグ・ブログにランチュウを取り上げる…そのぷあくんの意気やよし❗元々のブログ名が…

菜々が引き寄せてくれた縁 -こつぶちゃん達-

このたび、SNSを通じて交流を持つこととなったパグラーから、うれしい贈り物が届いた。奈良県在住のパグラー「アキさん」から、菜々に宛てた手紙と共に、明らかに高価な御馳走セットを賜ったのである✨ 菜々と六実が揃って感謝✨ 六実さんのデブ化確定といえよ…

六実さんの寝相コレクション

ゴンチの趣味には「盗撮」がある ただし、電車で女性のスカートの中をスマホで撮影して、自宅に持ち帰って一人ウヘウヘと眺めるという類いではない。玄関に設置したリモートカメラで、愛娘・六実さんの様子を覗いては、その寝姿を撮りまくるのである。 最近…

もうひとりの愛犬を迎えること

前回、亡くした愛犬の代わりはいない…と言い切った。その考えに変わりはないが、それは「もう犬を飼うことが出来ない」という意味ではない。 残された愛犬の有無は、愛犬を失った悲しみの深さとは関係ないが、一人っ子の愛犬を失った時と、残された子がいる…

亡くなった愛犬の代わりはいない

今回、愛娘ともいうべき愛犬・菜々を亡くして、たくさんのことを教わった。 その中でも、昔から持っていたひとつの素朴な疑問が、一瞬で氷解する…という印象的な経験をした。 ものすごく個人的な話だが、とても印象的な「悟り」に近い不思議な感覚だったので…

或る朝の散歩風景

暑さ寒さも彼岸まで… 天高くパグ肥ゆる秋…六実さんの散歩は、ほぼ全てぷあくんの仕事(楽しみ)であるが、このところ朝晩がめっきり涼しくなったせいか、休日の朝の散歩に「歩かない女・ゴンチ」が付いてくると言い出したので、日常の散歩風景を取り上げてみよ…

ぷあくんブログのファンレター届く

な、なんと...このたび、ぷあくんブログ愛読者の一人からファンレターが届いたのであるっ。 むむっ差出人は、ゴンチの異父異母の妹「ニャンコスさん」の母親であり、今は亡き黒パグ・クーパー君の主「ニャンコス母」であった 自称・草引きのプロ「ニャンコス…