ぷあくんの日々

人と犬が幸せに暮らすために役立つ情報を発信します。

家族紹介

受け継がれる絆

日常に埋没した記憶が、ふと頭をもたげる時がある。それは、今は亡き愛犬が夢の中に現れた時であったり、何気なく昔の写真を眺めていた時などに突如として訪れる甘酸っぱい瞬間といえよう。その刹那…多忙な日々に追われる人は、突如エアスポットに落ちるよう…

六実さん…6回目の誕生日 (祝福編)

令和3年9月17日…六実さんは見事に6歳となった✨ これまでの道のりを振り返り感慨に更けるのも良いが、六実さん当人にしてみれば、そんなもんどうでもよいハナシであろう。よって、ぷあ家の至宝・六実さんの誕生日を祝う様子を披露する次第である。薄型ペット…

六実さん…6回目の誕生日 (回顧編)

2021年9月17日。 この日は、六実さんがこの世に生を受けてから、実に6回目の誕生日である。まだまだ先は長く…ずっと一緒に暮らしてゆく所存であるが、年に一度の記念日ゆえ、ひとつの区切りとして過去を振り返ってみる次第である。名入れ 洋服 80種類からお…

菜々の初命日 -それから-

令和2年8月31日を境に、ぷあ家はひとつ成長した。 悲しみと向き合い、毅然と為すべきことを遂行した。それからの日常の景色が、良くも悪くも一変したことを…ありありと思い出されるのだ。フィギュア耳かき(スタンドタイプ)【パグ】かわいい 立体 生活 雑貨 …

菜々の初命日 -こころ-

昨年の今日…午後9時過ぎに、菜々はゴンチの腕の中で静かに息を引き取った。その日…ぷあくんが帰宅したのが、ちょうど午後9時… まるで、ぷあくんが駆けつけるのを待っていたかのように、頑張って命を繋いでくれていた。菜々は、最後まで…最高に親孝行の愛犬だ…

明日…菜々の初命日を迎える

時が経つのは早いものである… 最愛のパグ・菜々が虹の橋へ旅立ってから、今日で丸一年となった。明日は、菜々の初命日。 菜々のいない生活も普通となって、淡々と日々が過ぎてゆく。 しかし、ふとした時に…妙に亡きパグが懐かしく思い出されるものである。ハ…

弥栄たん…ぷあくん実家へ初見参記 (歓待編)

実は、ぷあくんには…両親がいる これまで内緒にしていたが、今年81歳と成り果てたジジィ…ではなく父親と、76歳の憂き目をみる母親が生存(令和3年7月現在)していることが確認されているのだ。【1000円ポッキリ】 喜多方ラーメン 5食 セット (醤油味 5食) 生麺…

やえたん出迎え道中ぷあ栗毛 -帰還編-

やえたんの生まれ故郷の滋賀県大津市から、ぷあ家のある静岡県富士宮市までは、距離にして約300kmに及ぶ。もちろん高速道路をかっ飛ばして行くのだが、愛娘達にとって快適なドライブとするため、安全運転を厳守して拙速は慎まねばならぬ。簡易ラッピングでお…

やえたん出迎え道中ぷあ栗毛 -再会編-

令和3年4月10日(土)午前11時。 滋賀県大津市のブリーダー「ウルトラワン」に到着を果たした一行は、促されるままに面会場所に通され、愛娘「弥栄」と再会したのだった。https://www.instagram.com/urtrawan/?hl=ja ↑↑↑ ウルトラワン・インスタグラムハンドタ…

やえたん出迎え道中ぷあ栗毛 -出立編-

令和3年4月10日(土)午前6時45分 ぷあ家は、普段よりも明らかに高い胸の鼓動を感じながら、愛車「フイッシー」に乗り込んだ。目指す場所は、ただ一つ。 新しい家族「弥栄(やえたん)」の待つ…滋賀県大津市にあるブリーダー「ウルトラワン」である。【SALE特価4…

やえたん…ぷあ家に降臨す✨

取り急ぎ、ご報告までである✨昨日…令和3年4月10日(土)16時頃。 愛娘「弥栄」は、無事に富士宮のぷあ家に到着した次第であるペット ブランケット ベッド敷物 柔らかい フリース素材 犬 猫 モコモコ 寝具 ベッドフリース かわいい 大きめ 小型犬 寝心地 落ち着…

弥栄(やえたん)の動画公開💕

新しい愛娘・弥栄と出会ってから半月近くが経つ。 法令上すぐには迎え入れることが出来ぬゆえ、忸怩たる思いで「その日」を待ち続けるぷあ家であるが、先日…思いもよらぬ形で弥栄と再会するに至ったのである。ミニトートバッグ 内ポケット付き ミツケテパグ…

新しい家族との出会い旅行 -新しい家族-

珠玉の子パグ二人と面会したぷあ家は、いずれかを選択することを断念し、結果的に残った方を我が子とするという…他力本願の決断をするに至った。そして、翌日深夜にブリーダーから告げられた…最終的に残った子は… マイペースちゃんであった✨聞くところによる…

新しい家族との出会い旅行 -子パグとのご対面-

ぷあ家の快進撃は続く⚡ 古の都・京都を後にした一行は、返す刀で次なる目的地…水の都・滋賀を目指したのであった。ちなみに、誰も興味はなかろうが…ぷあくんは学生時代の10年間を滋賀県大津市で過ごしたことを補足説明しておく次第である。 いざ、その大津市…

六実さんとの出会いの場所を訪れて…

2月も終わろうとした週末の晴れた日…何処へというわけでもなく…ぷあ家はドライブへと出発した小一時間…あてどもなく彷徨っていると、ゴンチがふと呟いた…「この近くに、六実と出会ったホームセンターがあるよ」 と、いうわけで…意味など全くないのだが、予…

【特報】近くのブリーダーで子パグが産まれたと聞いて見に行ってきた

その時は、突然訪れた。先週の土曜日、いつものようにゴンチが子犬紹介サイトを嘗めるように眺めていたところ…比較的近くのブリーダーで、産まれたばかりのパグがいるという情報を入手したのだ。生後間もないため、最近ようやく目が開いたばかりという…まだ…

六実と一緒に、ランチュウの育児を振り返る

ぷあくんの愛娘・六実さん。 我が家に迎え入れられたのは、今から5年前の冬である。その六実さんよりも一足先に生を受け、しかもぷあくんの手によりタマゴから成魚まで育て上げられたのが、子ランチュウ達なのである。六実さんが我が家に迎え入れられたのは…

ぷあ家の越冬生活

この冬も本格化を迎え、世の中では暖房フル稼働の日々が続いているところである。ぷあ家においても…ヒト・イヌ・トリ・サカナ…といった生き物全般におけるエネルギー消費が、日々旺盛に行われている次第である。まず、最も寒さを厭う生き物「ヒト・ゴンチ」…

新しい家族を迎え入れる… (注・パグではない)

ぷあ家では、この度新たなる家族を迎え入れたことを、ここに報告する次第である。現在、絶賛・子パグ物色中のぷあ家なのだが、今回「縁」のあった家族は…残念ながらパグではなかったその家族とは… じゃん✨カナリアである実は…ゴンチは遥か昔に小鳥を飼育した…

寒波到来! -凍りつくランチュウたち-

週末は、全国的に恐ろしいほどの寒波に見舞われた❄️これにより、いつもは屋外で執り行う六実さんの朝ウンチ&オシッコの儀式は…やむなく屋内でお願いした次第である。 しかし、通常ならば…外に出ればスルッとお出ましになってくれる六実さんの朝ウンチ&オシッ…

【謹賀新年】これまでのブログを振り返って…

2021年が、始まった。昨年は、未曾有の感染症が世界を覆い尽くし、今なお止まる気配を見せぬ。 そして、我が家においても菜々との別れ…という、とてつもない日常の激変が爪痕を残す一年であった。今回は、過去の記事を思い起こすことで、このブログの足跡を…

パグ金魚「ランチュウ」、全滅の危機

その面立ちがパグに似ているので、つい情が移ってしまう金魚・ランチュウ。www.poorkun.comぷあ家では、親魚とその子供達を飼育していた。 しかし、この冬に子供達がバタバタと死んでゆき、今では5匹を残すのみとなっている。どうやら、伝染病が発生してよう…

六実さんと一緒に冬のアサガオを愛でる

時節は秋に別れを告げ、冬を迎える。 ぷあ家近辺から望む富士山✨ぷあ家では、アサガオを夏の風物詩として育て愛でることを恒例としている。本来ならば、富士山が雪化粧を始める今頃には、跡形もなくなるはずのアサガオなのだが… ところがどっこい、暖冬の影…

六実さんと一緒に鉢植え作業

ぷあ家の玄関先には、四季を通じて草花の寄せ植えが鎮座している。これもぷあくんの趣味なのだが、春夏秋冬の移り変わりを日々目にすることは、精神衛生上まことによろしいと考えるがゆえである。これまで植えられていた寄せ植えは、夏の花。 すなわち、そろ…

京都~奈良・別れと出会いの旅行記 -菜々の納骨-

令和2年10月16日 この日は、菜々の納骨の日であった。 京都には、ゴンチ家先祖代々のお墓があって、そこに菜々のお骨も納めることになるのだ。旅程は京都~奈良を一泊二日で巡るというもの。 今回、菜々の納骨という行事を経るのだが、その重い空気すら振り…

菜々の納骨の準備をしながら…

令和2年10月16日…菜々は京都のお寺に納骨される。少し前から、ゴンチは菜々のお骨を入れるため、白い綿の袋を手縫いで仕立てていた。 一針一針を丁寧に通して 白装束のようなお骨袋が完成した最終的な納骨は、この袋に入れて行うようだ。 先週の日曜日、庭で…

新しい家族を迎える (注・ランチュウ)

このたび、ぷあ家に新しい家族を迎えたことを報告せねばならぬ事態となった。その家族とは、パグ…によく似た金魚のランチュウであるその容貌がパグに似ているからといって、パグ・ブログにランチュウを取り上げる…そのぷあくんの意気やよし❗元々のブログ名が…

パグとランチュウが似ていると思う話

どうでもいい話なのだが、ぷあくんの趣味には金魚の飼育がある。金魚の中でも、特に重宝される「ランチュウ」を飼育すること7年に及び、購入した二匹のランチュウがたまたまオスとメスだったため、なんと子供まで出来てしまった 両親(7歳) ※母親(赤い方)は20…

菜々、空に昇って…

令和2年9月1日 。 菜々は身体を脱ぎ去り、空へ昇っていった。あっけない1日だったが、恐ろしい程に自分が未熟なことを思い知らされる1日でもあった… 午前6時。 朝、いつもより遅い時刻に起床すると、ゴンチがすでに六実のゴハンや散歩などを終わらせていた…

六実が我が家に来た日

六実が産声をあげたのは、2015年9月17日。聞くところによると、東北地方のブリーダーで生まれ、生後間もなく他の子犬達と共に業者のトラックに乗せられ、全国各地を回っていたようだ。 立ち寄った先のホームセンター等の一角を借りては、子犬の販売会を催し…